ナンガルハール稲作農業改善プロジェクト

Improvement of Rice-based Agriculture in Nangarhar Province

終了案件

国名
アフガニスタン
事業
技術協力
課題
平和構築、農業開発/農村開発
協力期間
2007年9月〜2011年3月

プロジェクト紹介

農業は、アフガニスタンの人口80パーセントが従事する基幹産業で、特にコメは小麦に次ぐ重要な穀物です。しかし、20年間以上にわたる国内の戦乱によって、灌漑施設や栽培技術普及システムは破壊され、国内需要の4分の1は外貨を費やして輸入していました。この協力では、比較的稲作に適しているナンガルハール州で、コメ栽培を振興し、またその品質を向上させて農家の収入を高めるための支援を行いました。これにより、同地域のコメを中心とした農産物の生産性の向上に寄与しました。

協力地域地図

ナンガルハール稲作農業改善プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • シシャンバグ農業試験場土壌実験室における実技研修 

  • シシャンバグ農試における普及員・研究員の田植え実習 

  • シシャンバグ農試研究員による稲生育調査実習 

  • シシャンバグ農試水田土壌調査 

  • 塩水を用いた種籾の選抜 

  • 種蒔き実習 

  • 収穫時期判定方法の研修 

  • 収量調査2 

  • 普及員および研究員による除草実習 

  • 豊作を喜ぶ普及員と展示圃場農民 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。