地方電化能力開発プロジェクト

(The Project for Capacity Development for Rural Electrification)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年8月〜2013年12月
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー、貧困削減

プロジェクトの紹介

2030年までに地方電化率を現在の3.1パーセントから51パーセントに、都市電化率を47パーセントから90パーセントにすることを目指しているザンビア。同国政府は、目標達成のために地方電化庁を創設し、日本の支援で2008年に策定した地方電化マスタープランを活用しながら、電化事業を推進するための体制整備を図っていました。この協力では、創設されて間もない地方電化庁が、地方電化を計画的に実施していけるよう、同庁スタッフの事業計画策定・実施・監理や財務管理の能力強化、また太陽光発電などの技術力強化を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報