ジャラポン地域生態系コリドープロジェクト

The Jalapao Region Ecological Corridor Project

国名
ブラジル
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2010年4月〜2013年12月

プロジェクト紹介

ブラジルのジャラポン地域は、セラードと呼ばれる熱帯サバンナ植生帯に位置し、極めて生物多様性の豊かな地域です。同国政府は、同地域の自然を保護するため、4つの自然保護区を設置しています。これら保護区の生態系保全機能を一層高めていくため、保護区の間を生態系コリドーでつなぎ、保護区とコリドーを合わせた地域全体を、戦略的に協調しながら管理していくことが求められています。この協力では、ジャラポン地域の自然を戦略的に、関係者間で協調して保全する体制構築を支援しました。これにより、同地域の生態系の保全に寄与しました。

協力地域地図

ジャラポン地域生態系コリドープロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 合同現地調査での調査風景:専門家チームがカウンターパート及び関係者と合同で、自然保護区内の地元住民に対し、NGOとの連携(商品開発等)の現状について聞取り調査をしている様子。 

  • 合同現地調査での調査風景:保護区内の風景(手前は一年前の野火の影響で砂地がむき出しになっている。) 

  • 合同現地調査での調査風景:保護区内の風景(シカなど多くの野生動物が生息する。) 

  • ローカルワークショップでの活動風景 

  • 合同調整委員会での活動風景 

  • トカンチンス州関係者との打合せ風景 

  • GIS研修に関する活動風景 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。