ブルキナファソ優良種子普及計画

Project for Dissemination of improved seeds in Burkina Faso

終了案件

国名
ブルキナファソ
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2008年2月〜2012年2月

プロジェクト紹介

ブルキナファソでは、人口の約8割が農村に居住しており、多くの住民は農業に生計を依存しています。主要農産品は、自給作物として栽培されているミレット、ソルガム、メイズ、コメですが、土壌の劣化や不安定な天候や害虫、病気による被害により、生産性は不安定で低いものでした。日本の支援(種子セクター開発プロジェクト(2003年〜2005年))により、優良な種子の生産に成果がありましたが、種子生産農家の技術向上やその生産体制、検査体制に課題がありました。この協力では、優良種子の普及ガイドラインの作成、種子生産者、圃場技官、全国種子検査官、地方種子検査官および普及員への技術研修などを通じて、対象地域で優良種子の使用が増加することを目指しました。

協力地域地図

ブルキナファソ優良種子普及計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 優良イネ種子。 

  • 優良種子を使用した水田。優良種子の使用は収量の向上につながっている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。