人間の安全保障実現化のためのCMAC機能強化プロジェクト

(Strengthening of CMAC Function for Human Security Realization)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年4月〜2010年9月
事業
技術協力
課題
平和構築

プロジェクトの紹介

カンボジアは、長い内戦の結果として数百万個の地雷と不発弾が未処理のまま残っており、地雷・不発弾汚染大国といわれています。全農村の4割以上が汚染され、約500万人の人々がその脅威にさらされています。1998年以降カンボジア地雷対策センター(CMAC)に対し、5期にわたる無償資金協力(主に地雷探査機材、地雷除去支援機材・車両などの供与)、機材維持管理などの技術協力を実施してきました。この協力では、CMACの情報管理システムや機材の維持管理システムの改善などを通じ、CMACの機能および内外の機関への技術移転システムの強化を支援しました。これにより、CMACの地雷・不発弾除去活動の一層の促進に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報