保健医療サービス向上のための医療機材管理システム強化プロジェクト

(Project for Strengthening Medical Equipment Management System for Quality Health Services)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エリトリア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年5月〜2011年5月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

エリトリアは、財政不足のため保健医療への財政投入が十分確保できない中でも、基礎的な保健医療サービスの強化に積極的に取り組んできました。医療現場では主に他国等から供与された中古の医療機材を使用していますが、故障した際に修理が容易ではなく、医療従事者には保守管理の意識が定着しづらい状況でした。また、医療機材の管理を担う保健省傘下の医療機材保守管理ユニット(BMEU)は修理要請に応えるのみで、故障を未然に防ぐ方策が十分ではありませんでした。この協力では、医療機材管理ガイドライン策定、BMEUの能力および作業実績の改善、パイロット病院の業務環境改善と予防的保守管理の日常業務化により、パイロット病院における保守管理を含む医療機材の管理業務の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子