マンゴーにおけるミバエ類検疫技術向上計画

Standardization and Quality Control for Horticulture Products of Indonesia (Improvement of Thermal Treatment Technique against Fruit Flies on Fresh Mango)

終了案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、貧困削減
協力期間
2009年10月〜2013年4月

プロジェクト紹介

インドネシアでは、マンゴーは主要な輸出用果物ですが、ミバエ類が数多く生息しており、マンゴーに寄生して甚大な被害を与えていました。また、輸出相手国は、ミバエ類が寄生するマンゴーを植物検疫の対象としていない国に限られています。そのため、同国は、ミバエ類を消毒することにより、マンゴーの輸出拡大を目指していました。この協力では、輸出用果物としてポテンシャルが高いゲドン・ギンチュウ(現地語名)を対象種としてマンゴー生果実の輸出促進を図るため、蒸熱処理技術を利用したミバエ類の消毒に関する技術の支援を行いました。

協力地域地図

マンゴーにおけるミバエ類検疫技術向上計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ミバエ飼育の様子 

  • ミバエ飼育状況 

  • 病害虫予察センター正面入り口、無償資金協力稲病害虫発生予察防除計画で建設 

  • ミバエの累代飼育 

  • 殺虫試験の確認作業 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。