都市コミュニティ小児保健システム強化プロジェクト

The project for Strengthening Community-based Child Health Promotion System in Urban Areas

終了案件

国名
ザンビア
事業
技術協力
課題
保健医療、貧困削減
協力期間
2011年1月〜2014年3月

プロジェクト紹介

5歳未満死亡率が依然として高い水準にあるザンビア。同国政府は、家庭やコミュニティレベルでの小児ケアの改善を積極的に進めていますが、都市部での小児保健政策は不十分でした。この協力では、日本が過去に実施した「ルサカ市プライマリー・ヘルスケアプロジェクト」において構築された都市型貧困層向けモデルを、国家的な小児保健政策に反映し、同様の課題に直面する他の都市地域に展開するための支援をしました。これにより、都市部での小児保健状況と環境衛生の改善を図り、同国の子どもの健康改善に寄与しました。

協力地域地図

都市コミュニティ小児保健システム強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 所得創出活動(以下、IGA)のため、水、衛生および保健教育実施体(WASHE)が設立した有料公衆トイレ(ンドラ郡) 

  • IGAのため、住民組織委員会が設立した理髪店(ルサカ市) 

  • ヘルスセンターで診察待ちの患者(ンドラ郡) 

  • 下水管が壊れ、汚水が流れている(ンドラ郡) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。