母子栄養改善プロジェクト

(Project for Improving Maternal and Child Nutrition status)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エチオピア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年9月〜2013年9月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

エチオピアでは、5歳未満児の死亡原因の約半数が栄養失調によるものとされていました。また、感染症の原因のひとつも栄養失調とされています。他にも、5歳未満児の46パーセントが発育障害であると推定(2005年人口保健調査)されていたため、同国政府は、短期的で効果のある、急性栄養不良への取組みは行っていましたが、慢性栄養不良の減少に向けた持続的なメカニズム構築への取組みとしては効果は限定的でした。この協力では、保健普及員、ボランティア・コミュニティ保健員および保健開発員を対象にした、コニュニティ啓発および栄養教育に関する研修などを通し、コミュニティレベルの予防策の強化を図り、対象地域においての5歳未満児と妊産婦・授乳婦の栄養不良者の減少に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子