ムスリム・ミンダナオ自治区人材育成プロジェクト

(ARMM Human Capacity Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
フィリピン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年1月〜2011年1月
事業
技術協力
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

フィリピンのムスリム・ミンダナオ自治区(ARMM)は、長期にわたる紛争の影響により、開発が進んでおらず、貧困率も国内平均の約2倍(48.7パーセント)を示しており、ARMMの行政能力の向上が課題となっていました。そのため自治区内の各組織の幹部および管理職を対象に基礎的な行政能力の向上を支援してきました。この協力では、行政管理、インフラ開発および経済開発に係る対象機関の中間管理職および中核となる職員を対象に研修などを通じた人材育成を行いました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報