母子保健向上を目的とする医療施設能力強化プロジェクト

(The Project for Strengthening Capacities of Prince Regent Charles Hospital and Public Health Centers in Bujumbura City for Improvement of Mother and Child Health)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブルンジ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年1月〜2012年1月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ブルンジでは、内戦により保健医療施設の疲弊が進み、提供されるサービスの質も劣悪な状況でした。同国の保健セクターにおけるマネージメント能力が低いため、保健医療現場の業務環境改善から取り組む必要がありました。この協力では、プランス・レジャン・シャルル病院の主に産婦人科と、地域の保健センター9ヵ所において患者中心の妊産婦・新生児ケアの実践を支援しました。これにより、「整理・整頓・清潔・清掃・しつけ」に取り組む5S-KAIZEN-TQM活動を組織的に実践する過程で、現場スタッフの業務環境の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子