中波ラジオ放送網整備計画

(The Project for Improvement of the Medium Wave Radio Broadcasting Network)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウガンダ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2007年7月
事業
無償資金協力
供与額
11.12億円
課題
情報通信技術

プロジェクトの紹介

ウガンダでは、ラジオの世帯普及率はテレビに比べ高くなっており、地域によっては住民の唯一の情報媒体となっています。しかし、7ヵ所の中波送信所および本部スタジオの機材は老朽化が著しく、稼働中の中波送信所は当時2ヵ所のみで、サービスエリアも縮小していました。この協力では、マワガ中波送信所、ケリバ中波送信所の整備とカンパララジオ放送局のスタジオ機材の整備を支援しました。これにより、放送サービスエリアが拡大し、より多くの国民が、ラジオを通して政治、経済、保健・衛生などの情報を入手することが可能となりました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報