鳥インフルエンザ等重要家畜疾病診断施設整備計画

The Project for Improvement of Animal Health Laboratories for Diagnosises of Avian Influenza and Other Major Diseases of Animals

終了案件

国名
インドネシア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
農業開発/農村開発
交換公文(E/N)署名
2007年9月
供与額
17.81億円

プロジェクト紹介

インドネシアでは鳥インフルエンザによる被害が深刻で、被害の拡大が懸念されています。しかし、診断施設が不十分であるため、感染拡大防止措置の実施が困難となっていました。また、同国には危険な病原体を扱うために必要な安全性を有する検査施設が存在しないため、やむを得ず安全性が不十分な施設で検査を行っていました。この協力では、スバン、メダン、ランプンにおいて、国立家畜疾病診断センター(DIC)の施設・機材の整備を支援しました。これにより、検査スタッフや近隣住民の安全が確保され、DICにおける診断能力の向上を図りました。

協力地域地図

鳥インフルエンザ等重要家畜疾病診断施設整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • スバン国立家畜疾病診断センター(DIC)建設予定地(協力実施前撮影) 

  • スバンDIC周辺の民家(協力実施前撮影) 

  • この協力で整備されたスバンDIC 

  • この協力で整備されたサンプル搬入口(スバンDIC) 

  • この協力で整備された焼却炉(スバンDIC) 

  • ランプンDICの既存建物(協力実施前撮影) 

  • この協力で整備された更衣室の滅菌器(ランプンDIC) 

  • この協力で整備された顕微鏡の使用台帳とマニュアル(ランプンDIC) 

  • メダンDICの既存建物(協力実施前撮影) 

  • AI(鳥インフルエンザ)ラボのドアと空調施設(メダンDIC) 

関連情報