気象情報・防災情報ネットワーク改善計画

The Project for Improvement of Meteorological and Disaster Information Network

終了案件

国名
スリランカ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
水資源・防災
交換公文(E/N)署名
2007年8月
供与額
8.07億円

プロジェクト紹介

大雨などの異常降雨時には、警報発令を即座に行うことが重要です。スリランカでは、気象局のデータ収集に約50分を要し、収集したデータ処理も手作業であったため、迅速且つ正確に警報発令の意思決定を行うことが課題となっていました。この協力では、38拠点の自動気象観測機や通信システムや気象局本庁舎内における中央制御システムの整備を支援しました。この支援により、観測データの収集が10分以内で可能となり、迅速な気象警報の発令により、減災に貢献しました。

協力地域地図

気象情報・防災情報ネットワーク改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 気象局本部に表示された自動気象観測装置(以下、AWS)データ 

  • AWSデータロガー 

  • 衛星通信(VSAT)システム 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。