アンチラベ農業機械化訓練センター拡張・機材整備計画

Project of extension and improvement of equipment of the Center of Training and Application of Agricultural Mechanization in Antsirabe

国名
マダガスカル
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
農業開発/農村開発
交換公文(E/N)署名
2007年11月
供与額
5.78億円

プロジェクト紹介

マダガスカルのアンチラベ農業機械訓練センター(CFAMA)は、農業機械に特化した同国唯一の研修センターとして、農業機械の操作・維持管理に関わる人材育成および簡易農業機械の開発・製造などを行っており、農業機械化政策を実施する上で重要な役割を担っていますが、設立後20年以上が経過し、施設および研修機材の老朽化と、機材の不足により研修実施に支障をきたしていました。この協力では、同センターの教室棟、ワークショップ棟、寄宿舎、トラクター格納庫などの研修用施設の建設および研修用機材の整備を支援しました。これにより、同国において農業機械化に資する人材の育成および簡易農機の開発・製造をより効果的に行うことが可能になり、農業の機械化・近代化を通じた農民の所得向上や生活の改善に寄与しました。

協力地域地図

アンチラベ農業機械化訓練センター拡張・機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 2013年の修了式の様子 

  • この協力で整備された宿舎 

関連情報