バクー市緊急医療機材整備計画

(The Project for Improvement of Emergency Medical Equipment in Baku City)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アゼルバイジャン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2008年3月
事業
無償資金協力
供与額
2.22億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

アゼルバイジャンは、1991年の独立以降、経済疲弊の影響から救急医療サービス分野の整備が遅れていました。特に、2004年以降急増したバクー市首都圏の救急医療サービスのニーズに対し、使用している医療機材は老朽化が著しく、迅速かつ正確な検査、処置が行えない状況でした。この協力では、救急訓練センターおよび救急患者搬送主要4病院に対して、蘇生用医療機材(内視鏡、人工呼吸器、自動血球計器など)および救急隊員訓練用機材(蘇生法教育人体モデルなど)の整備を支援しました。これにより、首都圏における救急医療サービス機能の回復および質の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報