鳥インフルエンザ・サーベイランスシステム強化プロジェクト

The Project to Enhance Surveillance System for Avian Influenza

終了案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
保健医療、貧困削減
協力期間
2008年10月〜2011年10月

プロジェクト紹介

インドネシアでは、2008年6月で、世界で最も多い110例のAIヒト感染による死亡例(WHO発表)が確認されています。ヒトへの感染の拡大は新型インフルエンザへの変異を引き起こし、インドネシアのみならず世界中に多大な感染者と死者を出す可能性があります。そのため、AIヒト感染の早期検知・早期対応が求められ、州・県保健局のサーベイランス担当官の能力強化が必要でした。この協力では、AIヒト感染のリスクが高い南スラウェシ州においてサーベイランスを強化し、他州でもサーベイランスが強化されるよう支援しました。

協力地域地図

鳥インフルエンザ・サーベイランスシステム強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 評価分析団員による聞き取り調査(県関係者) 

  • パイロット県保健局関係者との評価結果協議 

  • 州内全県保健当局者とのワークショップ 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。