環境汚染物質排出移動量登録制度(PRTR制度)構築支援プロジェクト

The Development of Basic Schemes for PRTR System in Kingdom of Thailand

国名
タイ
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2011年3月〜2015年2月

プロジェクト紹介

工業化や都市化による大気汚染が深刻な問題となっているタイ。天然資源環境省公害規制局では、モニタリングなど大気汚染対策に取り組んでいますが、国内の化学物質排出量・移動量を把握できず、継続的な化学物質対策が実施できません。タイ政府は、化学物質による環境保全上の支障を未然に防止するため、環境汚染物質排出移動量登録制度(PRTR制度)の導入を目指しています。この協力では、PRTR制度の基本設計立案やタイ側関係スタッフの能力向上を行い、PRTR制度の確立と実施を支援します。

協力地域地図

環境汚染物質排出移動量登録制度(PRTR制度)構築支援プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 2011年3月25日、JICAはタイの関係機関とともに、タイ王国環境汚染物質排出移動量登録制度(PRTR:PollutantsRelease and Transfer Register制度)構築支援プロジェクトの第1回JCC会議(Joint Coordination Committee)を開催しました。 

  • 2011年6月28日、JICAはタイの天然資源環境省公害管理局(PCD)、工業省工場局(DIW)、工業団地公社(IEAT)と共にプレスカンファレンスとセミナーを開催し、本プロジェクトの開始を正式に案内しました。イベントには政府関係機関、民間企業、研究機関、メディアなど100名以上の参加がありました。 

  • 2012年1月25日、JICA専門家とタイの環境研究研修センター(ERTC)は協働でリスクコミュニケーションの研修コースに関するワークショップを開催しました。様々な関係組織(ラヨーンの市当局、大学、行政機関、NGOなど)が参加しました。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。