マディヤ・プラデシュ州大豆増産プロジェクト

Project for Maximisation of Soybean Production in Madhya Pradesh

国名
インド
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、貧困削減
協力期間
2011年6月〜2017年2月

プロジェクト紹介

インドのマディヤ・プラデシュ州は国内最大の大豆生産地ですが、1ヘクタールあたりの収量は全国平均を下回っていました。大豆生産者の多くは小規模貧困農家であり、生産コストの増大を伴わずに収量を増加する手法の開発が求められていました。この協力では、病害・虫害管理、土壌管理などの栽培技術全般を含む既存の大豆生産技術を改良し、農村普及員用ハンドブックを作成することにより、低コストで、小規模農家の技術レベルに見合った大豆栽培技術体系の構築を支援しました。これにより、同州の大豆の生産性を向上させ、小規模貧困農家の生計向上に寄与しました。

協力地域地図

マディヤ・プラデシュ州大豆増産プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 農業普及センター(以下、KVK)のデモンストレーション圃場の訪問(2011年8月16日) 

  • KVKデモンストレーションファーム訪問(2011年8月17日) 

  • KVK試験圃場にて(2011年9月6日) 

  • ジャワハルラール・ネルー総合農業大学(JNKVV)にて、DRS(研究部長)と専門家による協議(2012年2月22日) 

  • Jabalpur近郊の大豆畑(2011年8月) 

  • ジャバルプル近郊の大豆圃場(2011年8月) 

  • セミナー風景(2011年9月) 

  • 大豆収穫後のごみ除去作業(2011年11月19日) 

  • 第3回合同調整委員会(JCC)(2012年4月18日) 

  • 収穫された大豆(2011年11月) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。