低・中所得者向け耐震住宅の建築技術・普及体制改善プロジェクト

(Enhancement of the Construction Technology and Dissemination System of the Earthquake-Resistant "Vivienda Social")

【写真】プロジェクトの様子

国名
エルサルバドル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年5月〜2012年12月
事業
技術協力
課題
水資源・防災、ジェンダーと開発

プロジェクトの紹介

2001年に発生した二度の大地震で、家屋倒壊によって多くの貧困層住民の命が奪われたエルサルバドル。日本は2003年から、住宅の耐震性向上と耐震性が高い住宅を普及させるための協力を実施してきましたが、これまでの成果を現地の住宅建設業者・会社へもきちんと波及させるために、耐震基準の設定、基準遵守のための規制など、産官学を密接に結びつけた建築行政能力を強化するための支援を実施しています。また、日本の協力を通じて育ちつつあるエルサルバドルの人材が、次は中米地域のニカラグアやハイチに対し、指導者(第三国専門家)として活躍しようとしています。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報