アマゾン森林保全・違法伐採防止のためのALOS衛星画像の利用プロジェクト

Utlization of ALOS Images to Support Protection of the Brazilian Amazon Forest and Combat against Illegal Deforestation

終了案件

国名
ブラジル
事業
技術協力
課題
自然環境保全、貧困削減
協力期間
2009年6月〜2012年6月

プロジェクト紹介

アマゾン熱帯雨林の保全のために、1970年代から衛星画像を活用しているブラジル。衛星モニタリングシステムの導入の結果、森林伐採は減少傾向にあるとは言え、このシステムでは年間5ヵ月近くも厚い雲に覆われるアマゾン地域の地上を十分監視することができないという限界もありました。この協力では、陸域観測技術衛星ALOSによって、雲の状況に関係なく地上の状況が把握できるシステムを導入し、ALOS画像の判読技術の確立と、既存の衛星モニタリングシステムにALOS画像を組み込むための支援を実施しました。これにより、衛星を活用した違法伐採情報に基づく取締りの強化に寄与しました。

協力地域地図

アマゾン森林保全・違法伐採防止のためのALOS衛星画像の利用プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • アマゾン熱帯林 

  • ALOSにより発見した森林伐採地の状況 

  • CPによる森林伐採地検出作業 

  • リモートセンシングセンター 

  • 専門家とC/Pによるプロジェクト活動計画の検討 

関連情報