緊急港湾改修計画

(The Project for Emergency Rehabilitation of Port Facilities at the Port of Lobito and the Port of Namibe)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アンゴラ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2008年5月
事業
無償資金協力
供与額
39.32億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

アンゴラの港湾施設は、長年にわたる内戦の影響で劣悪な状況にありますが、穀物や建築資材などの多くを国外からの輸入に頼っているため、同国が経済復興・開発を進める上で大きな妨げとなっていました。この協力では、同国の主要港であるナミベ港において、岸壁補修や荷役機械(リーチスタッカーなど)の機材の整備を支援しました。これにより、同港の荷役安全性の確保や荷役作業の効率性が改善されたほか、物資輸送が確保され、物流コストの軽減、ひいては経済活動の活性化や貧困削減に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報