母子保健リプロダクティブヘルス向上プロジェクト・フェーズ2

(Improving Maternal and Child Health/Reproductive Health in Palestine(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
パレスチナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年11月〜2012年11月
事業
技術協力
課題
保健医療、ジェンダーと開発

プロジェクトの紹介

イスラエル軍による分断と封鎖により悪影響を受けているパレスチナの母子保健医療施設へのアクセスと継続的な周産期ケアの向上のために、日本は2005年に世界初のアラビア語の母子健康手帳の開発を開始しました。この協力(フェーズ2)では、母子健康手帳国家調整委員会(NCC)の設置による制度化の基礎づくり、同国全土での母子健康手帳の活用、母子保健従事者への技術訓練を支援しました。これにより、母子健康手帳が普及・定着し、同国の母子保健サービスの向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報