全国環境モニタリング能力強化プロジェクトフェーズ2

(Capacity Development of Environmental Monitoring Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
シリア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年1月〜2013年1月
事業
技術協力
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

1980年代以降工業化が進み、大都市近郊で稼働する工場からの廃水、排ガスによる環境の悪化が問題となっているシリア。日本の技術協力により、地方環境局が水質・大気質に関して環境モニタリングを実施するために必要な基本的な技術の習得を目的として、「全国環境モニタリング能力強化計画プロジェクト(2005〜2008年)」を実施しました。この協力(フェーズ)2では、地方環境局がより高度な分析技術を習得し、インスペクションの実施、モニタリングに関する能力を向上させるためのプロジェクトを実施しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子