節水灌漑農業普及計画プロジェクトフェーズ2

(Project on Development of Efficient Irrigation Techniques and Extension Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
シリア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年12月〜2012年6月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、貧困削減

プロジェクトの紹介

水資源の絶対量が少ないことから、農業において水の確保が重要な課題となっているシリア。農産物の安定供給のために灌漑農業は重要です。日本は、「節水灌漑農業普及計画プロジェクト(フェーズ1)」を2005年より3年間実施し、プロジェクトサイト3県(ダマスカス郊外県、ダラ県、ハマ県)の農家が節水の必要性やそのための知識を身につけ、節水灌漑の導入が進みました。この協力(フェーズ2)では、上記3県にアレッポ県、ラッカ県を加えた5県を対象とし、農作物に対する灌漑用水の適切な利用を目指す支援を行いました。これにより、同国全体および近隣諸国への成果の拡大に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報