コミュニティー母子栄養・保健プロジェクト

Community Nutrition and Health for Mother and Child

終了案件

国名
イエメン
事業
技術協力
課題
保健医療、ジェンダーと開発
協力期間
2009年9月〜2016年2月

プロジェクト紹介

1人当たりのGNI550米ドルの最貧国・イエメン。保健指標もサブサハラ・アフリカ並に低く、人口の7割以上が居住する山岳地帯や砂漠などの地方部では、医療施設へのアクセスが困難です。また女性は、女性ヘルスワーカーの不足、移動時での身内男性の同伴必須といった慣習などで、医療サービスを受ける機会が制限され、結果としてその子どもの健康にも大きな負の影響が及んでいました。この協力では、地域の保健ボランティアの育成などを支援しました。これにより、保健施設へのアクセスが困難な村で母子へ栄養・保健サービス提供の強化に寄与しました。

協力地域地図

コミュニティー母子栄養・保健プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • サナア市街 

  • プロジェクト対象地のサナア州マナハ郡アルグモール地区の村 

  • プロジェクト対象地のサナア州サーファン郡の村 

  • プロジェクト対象地のハドラマウト州ハジャル郡の農村風景 

  • ハドラマウト州でのベースライン調査の様子 

  • コミュニティヘルスボランティア(CHV)のためのトレーナー養成研修 

  • CHV研修の様子 

  • CHV研修のプログラムのひとつである病院研修で、トレーナーから肺炎の症状について説明を受けるCHV 

  • 村で子どもにビタミンAを投与するCHV 

  • プロジェクトで作成したヘルスカードをしっかりと抱える村の子ども 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。