小規模農民のための優良種子振興プロジェクト

(Quality Seed Promotion Project for Smallholder Farmers)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エチオピア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年2月〜2014年8月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、貧困削減

プロジェクトの紹介

エチオピアでは、農業生産性が低く、安定的な食料生産・供給が行われていない状況でした。この一因は、優良種子の供給が需要を大きく下回っていることにありました。同国政府は、優良種子の需要を満たすために農家自身による優良種子の生産増加を目指していましたが、生産技術、品質管理、流通に至るまで多くの問題を抱えていました。この協力では、穀物生産量の80パーセント以上を占めるアムハラ州、オロミア州、南部諸民族州において、生産から流通に至る一連の種子生産活動を改善することを通じて、優良種子の生産・利用増加に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報