保健人材養成機関施設及び機材拡充計画

The Project for Improvement of Infrastructure and Equipment of Training Schools for Health Personal

終了案件

国名
モザンビーク
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
教育
交換公文(E/N)署名
2008年7月
供与額
10.45億円

プロジェクト紹介

モザンビークでは、医療分野の人材不足は深刻で、同国政府は、全国の医療機関の増設と必要な保健人材の養成を図るため、「保健人材育成計画」を策定し、全国13ヵ所の保健人材養成機関においてその取り組みを実施してきましたが、教室や実習用機材などが不足しており、管理施設を教室に転用したり、二部制による授業の実施を余儀なくされていました。この協力では、5ヵ所(ナンプラ、ベイラ、ペンバ、ニャマタンダ、マシンガ)の保健人材養成機関の教室・演習室・寮の建設や、12ヵ所の養成機関の実習機材などの整備を支援しました。これにより、保健人材育成のための教育の質の向上が図られ、地方を含めた全国的な保健サービスの充実に寄与しました。

協力地域地図

保健人材養成機関施設及び機材拡充計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で建設されたマシンガ人材訓練センターの教室 

  • この協力で建設されたペンバ人材訓練センターの多目的演習室 

  • この協力で建設されたペンバ人材訓練センターの学生寮 

  • 供与機材:注射訓練用腕模型(静脈に沿って繰り返し活用されている) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。