JABODETABEK都市交通政策統合プロジェクト

JABODETABEK Urban Transportation Policy Integration

終了案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2009年7月〜2012年3月

プロジェクト紹介

インドネシアのジャカルタ首都圏は、その経済規模がGDPの約3割を占め、人口は全人口の約1割で、1990年から2005年の15年で約1.4倍増加しました。また、同首都圏の交通は98パーセント道路交通に依存しており、同首都圏の交通渋滞は深刻で大きな経済的損失となっていました。この協力では、同首都圏の都市交通問題を解決するため、日本が2004年に策定したジャカルタ首都圏都市交通マスタープランの改訂と、広域都市交通の整備計画、実施の調整に必要な枠組みの設置を支援しました。

協力地域地図

JABODETABEK都市交通政策統合プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • バスウェイ(Corridor5&7)Kp. Melayu付近 

  • バスウェイ(Corridor4&5)Matraman付近 

  • ジャカルタ外郭環状道路(JORR)南区間本線料金所付近 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。