気候変動に対する水分野の適応策立案・実施支援システム構築プロジェクト

(Integrated Study Project on Hydro-Meteorological Prediction and Adaptation to Climate Change in Thailand(IMPAC-T))

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年4月〜2014年3月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

タイでは、主要産業が農業であることに加えて、近年の工業セクターの発展や生活様式の変化などによる水需要の急増と相まって、タイ経済の水資源への依存度が高まっていました。また、乾季の水不足、雨季の洪水、天候不順といった気候変動の影響などの水に関する様々な問題を抱えていました。この協力では、将来の気候変動に伴う水循環変動と、これが水関連災害に与える影響の評価手法に関する研究開発を支援しました。これにより、同国の適切な水資源管理情報に対する適応策の立案と実施に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報