サトウキビ廃棄物からのエタノール生産研究

Research on ethanol production from sugarcane wastes

国名
ブラジル
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2009年9月〜2013年8月

プロジェクト紹介

ブラジルでは、地球温暖化対策に有効で、需要が増加している燃料エタノールの大規模生産に取り組んでいましたが、原材料が食糧資源と競合しているという大きな問題がありました。この協力では、エタノール原料に使用されていないサトウキビ廃棄物(糖液を絞った残渣など)から、燃料エタノールの生産技術を確立するための研究開発を支援しました。

協力地域地図

サトウキビ廃棄物からのエタノール生産研究の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 現地調査より:世界最大のサトウキビ生産国であるブラジルでは、広大な農地で効率的な栽培が行われている。 

  • 本研究のエタノール生産材料、サトウキビから糖液を絞った残渣であるバガス 

  • 現地調査より:工場によっては余ったバガスが山積になっている。 

  • 日本での研修の一コマ(サンプルの分析) 

  • 日本での研修の一コマ(ディスクミルによる前処理の作業) 

  • 合同調整委員会でブラジル側と研究の方向性を議論 

  • ブラジル側研究者との議論 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。