ナイル流域における食糧・燃料の持続的生産プロジェクト

Sustainable Systems for Food and Bio-energy Production with Water-saving Irrigation in the Egyptian Nile Basin

終了案件

国名
エジプト
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、自然環境保全
協力期間
2009年6月〜2015年3月

プロジェクト紹介

エジプトでは、急激な人口増加に伴い、食糧生産の増大と農業分野での雇用の拡大が課題となっていました。しかし、ナイルデルタ地域では、新たな農地および水資源開発の余地は少なくなっていました。そこで、農業用水の有効利用によって発生した余剰水を使って、周辺の砂漠地域に灌漑農地を拡大し、食糧生産の増大を試みていました。この協力では、行政関係者、研究者、農民が、さらなる農業用水の利用高度化を図りながら、農業生産の効率化と、持続性確保を実現するための方策を示し、これにより、農民の生活水準向上、貧困の削減に寄与しました。

協力地域地図

ナイル流域における食糧・燃料の持続的生産プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 見渡す限り広がるナイルデルタの農地。 

  • ナイルデルタでは、用水路の位置が低いので、すべての農家がこのようにポンプで水を汲み上げて、自分の圃場に灌漑する。 

  • 供与した流量観測装置(ADCP)の操作方法に関する研修。 

  • 農家の灌漑水使用水量測定のための流量観測。 

  • 農家が操作する個別のポンプに温度計を貼り付け、運転時間を計測する。 

  • 本プロジェクトで試験圃場に導入した渦相関法蒸発散量観測装置。 

  • 試験圃場に設置した渦相関法蒸発散量観測装置からのデータ回収。 

  • 試験圃場で作物の光合成量を測定する(甜菜)。 

  • 試験圃場における点滴灌漑でのトウモロコシの栽培。 

  • 本邦研修で、香川県の溜池における伝統的水管理の話を聞く。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。