結核及びトリパノソーマ症の診断法と治療薬開発プロジェクト

(Establishment of Rapid Diagnostic Tools for Tuberculosis and Trypanosomiasis and Screening of Candidate Compounds for Trypanosomiasis)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年11月〜2013年11月
事業
技術協力
課題
保健医療、貧困削減

プロジェクトの紹介

ザンビアでは、HIV感染者の増加に伴う重複感染による結核の再流行や、治療困難な多剤耐性結核および超多剤耐性結核の蔓延が危惧されています。また、マラリアは同国で最大の疾患ですが、トリパノソーマ症などの原虫感染症などのマラリア類似疾患がマラリアと誤診され、適切な治療を受けられないまま重症化し死に至ることも問題となっていました。この協力では、高感度かつ簡易な診断システムを結核およびトリパノソーマ症へ応用することを目指し、あわせてトリパノソーマ症治療薬候補物質の探索を行うことを目的とした研究体制の整備などを支援しました。これにより、同国の研究機関の研究開発能力の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報