予防接種強化計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
マダガスカル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2008年6月
事業
無償資金協力
供与額
2.28億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ミレニアム開発目標(MDGs)達成のため、乳幼児死亡率の半減を目標に掲げるマダガスカルでは、麻疹、ポリオなどの予防接種の普及・拡大を重要課題と位置づけていますが、機材の不足や老朽化によりワクチンの保冷保存施設が不十分な状況で、予防接種率は約70パーセントに留まっていました。この協力では、同国各地の病院や診療所などに、電気式冷凍冷蔵庫やソーラー式冷凍庫など計657品の保冷機材の調達を支援しました。これにより、1才未満児約100万人、リプロダクティブ期(15〜49歳)の女性約120万人に対する安定した予防接種が可能になるとともに、新生児の結核、麻疹、ポリオなどの予防接種率が向上し、感染症罹患の減少にも寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報