アンス・ラ・レイ水産施設整備計画

The Project for Improvement of Fishery Infrastructure in Anse La Raye

国名
セントルシア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
水産
交換公文(E/N)署名
2008年5月
供与額
5.36億円

プロジェクト紹介

セントルシアのアンス・ラ・レイは、首都圏への水産物供給基地としてのポテンシャルは高いものの、水産関連施設全体の機能が低下し、老朽化した桟橋や、漁業活動に適さない施設が水揚げ作業に支障を来していました。この協力では、漁業関連施設(桟橋、水産複合棟、漁具倉庫棟、ワークショップ、ベンダーズ・アーケード、浄化施設など)の建設および改修を支援しました。これにより、水揚げ時間、労力がいずれも平均で3分の1に低減されるなど同地域における漁業の効率性の向上、観光客の集客や物品販売の促進、また漁業収入の増加、雇用の増大にも寄与しました。

協力地域地図

アンス・ラ・レイ水産施設整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 桟橋:出漁準備・水揚げ作業が効率化された 

  • ベンダーズ・アーケード:観光客の増加による水産・観光が振興された 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。