海上密輸等取締能力強化計画

The Project for Strengthening the Capabilities for Preventing Sea Smuggling and Other Illegal Activities

終了案件

国名
マレーシア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
ガバナンス
交換公文(E/N)署名
2009年3月
供与額
7.14億円

プロジェクト紹介

マレーシアのマラッカ海峡および東マレーシア海域では、密輸、密入国などの海上事犯が発生し、持続可能な成長に向けた経済活動を阻害するとともに、海賊、テロ行為などの発生の助長に繋がるものでした。マレーシア税関(RMC)は、密輸取り締まりを実施していましたが、現有の機材は長い海岸線上で広域化および多様化する密輸ルートを取り締まるのに不十分なものとなっていました。この協力では、RMCに対し、高速艇10隻と携帯型赤外線監視カメラ14基の調達を支援しました。これにより、RMCの海上における取締体制が強化され、同海域における密輸、密入国などの海上事犯の減少に寄与しました。

協力地域地図

海上密輸等取締能力強化計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 川上流側船艇基地取り締まり艇係船状況:摘発された密輸船が拘留されている。(ペナン地区) 

  • 定検中のPEMINTAS KG405(ランカウイ地区) 

  • この協力で整備された高速艇 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。