HIV・AIDS対策計画(第1期)

(The Project for HIV/AIDS Control)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2009年1月
事業
無償資金協力
供与額
3.35億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

国内のHIV陽性率が、2006年以降6〜7パーセントで横ばいを続けているケニア。HIV新規感染者および死亡者を減少させるためには、HIV検査を受ける機会を国民に広く提供することが重要です。また、効果的なカウンセリング・検査サービスを提供するには、その質の保証、検査へのアクセスの改善などと共に、安定した検査キットの供給が不可欠です。この協力(第1期〜第3期)では、140万人分のHIV迅速検査キットを供与して、HIVカウンセリング・検査体制の強化を支援しました。これにより、HIVカウンセリング・検査受検件数の増加に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報