マラリア対策支援計画

国名
ニジェール
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
保健医療
贈与契約(G/A)締結
2009年2月
供与額
4.1億円

プロジェクト紹介

マラリアは、ニジェールにおける疾病率、死亡率の上位を占める主要疾患です。日本は、西部のドッソ州、マラディ州、ニアメ特別市、タウア州、ティラベリ州において、長期残効型殺虫剤含浸蚊帳、マラリア診断用機材、治療薬などを調達するとともに、医薬品・機材の維持管理指導を行いました。本協力の実施により、予防、診断、治療、啓蒙という総合的なマラリア対策が強化され、マラリア罹患率及び死亡率が低下すること、妊産婦約10万人が安全な環境で就寝できるようになること、迅速かつ適切なマラリア診断が可能になることなどが期待されます。

協力地域地図

マラリア対策支援計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • マラリア対策の一環で供与された長期残効型殺虫剤含浸蚊帳。マラリア予防の有効な手段のひとつである。 

  • 蚊帳の必要性や適切な使用方法について説明を受ける住民。 

  • 蚊帳の必要性や適切な使用方法について説明を受ける住民。 

  • 蚊帳の必要性や適切な使用方法について説明を受ける住民。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。