気候変動への適応のためのニャンド川流域コミュニティ洪水対策計画

The Programme for Community-based Flood Disaster Management to Adapt to Climate Change in the Nyando River Basin

国名
ケニア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2009年5月
供与額
4.83億円

プロジェクト紹介

本プロジェクトの対象地域であるケニアのキスム県とニャンド県は、主要な産業は農業です。しかしながら、両県が位置するニャンド川流域では、雨期に洪水が頻発し、経済成長を妨げています。また、プロジェクト対象地域を含むビクトリア湖周辺地域において、気候変動の影響により日降雨量の50ミリメートルを超過する降雨日数の増加が指摘されており、洪水被害の増加が危惧されています。本協力では、日本の協力により作成された洪水管理マスタープランに基づき、洪水対策施設の整備や、住民の組織化訓練等のプログラムに対し支援を行いました。

協力地域地図

気候変動への適応のためのニャンド川流域コミュニティ洪水対策計画の協力地域の地図

協力現場の写真

  • 洪水対策に係る授業の中で寸劇を行う小学校児童。本プロジェクトでは、小学校向けの洪水対策に係る教材作成、授業を行いました。 

  • この協力で建設された避難所。平時には集会所などとして使用されます。 

  • 頻繁に氾濫を起こすニャンド川(写真提供:佐藤浩治) 

  • ニャンド川流域洪水対策計画を示すサインボード(写真提供:佐藤浩治) 

  • 村に設置されている避難所を示すサインボード(写真提供:佐藤浩治) 

  • カルバート(Kojunga Village)(写真7の協力実施前) 

  • カルバート(Kojunga Village)(写真6の協力実施後) 

  • 倉庫(Kanyilum Village)(写真9の協力実施前) 

  • 倉庫(Kanyilum Village)(写真8の協力実施後) 

  • この協力で建設された井戸(Mowlem Village) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。