3R及び廃棄物適正管理のためのキャパシティーディベロプメント支援プロジェクト

The Project for Capacity Development of Central and Local Governments for 3R and Domestic Solid Waste Management System

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2013年10月〜2016年10月

プロジェクト紹介

インドネシアでは、人口の増加や経済成長に伴い、大都市を中心に廃棄物の発生量が増加しています。同国政府は環境省および公共事業省を中心に啓発冊子の配布・広告、コミュニティを対象とした廃棄物管理に関するガイドライン・ガイダンスの普及などを実施していますが、その効果は限定的で、廃棄物削減活動に関する技術的な知見や実施能力も不足しています。この協力では、3R活動と廃棄物管理活動(家庭を中心とした廃棄物対象)の実施に必要な省令や条例の策定と、パイロットプロジェクトを通じた対象都市における3Rと廃棄物管理実施能力の強化を支援します。これにより、廃棄物管理法および関連政令・省令・地方条例に則った適切な3R活動および廃棄物管理が、全国で実施されることが期待されます。

協力地域地図

3R及び廃棄物適正管理のためのキャパシティーディベロプメント支援プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクト対象都市(パレンバン市)の廃棄物最終処分場の様子。 

  • プロジェクト対象都市(バリクパパン市)で開催されたスティアリングコミッティ(プロジェクト関係者委員会)の様子。 

  • プロジェクト対象都市(パレンバン市)で開催された「3Rスターズ」会合の様子。3Rスターズとは、住民、事業者、行政等から構成される組織であり、「3Rスターズ会合」は多様なステークホルダーの自由参加・自由討議の場を提供し、ネットワーク作りや、政策提言をおこなうことを目的としている。 

  • バリクパパン市で開催された「3Rスターズ会合」の様子。 

  • バリクパパン市で開催された「3Rスターズ会合」にて、現状の廃棄物管理に係る問題点について協議するプロジェクト関係者。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。