母子保健統合サービス強化プロジェクト

Project for Strengthening Integrated Maternal, Neonatal and Child Health Services

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2010年5月〜2015年5月

プロジェクト紹介

ラオスでは依然として妊産婦・乳幼児死亡率が高く、2015年に向けたMDG達成に向けて、ラオス保健省は母子保健を重点課題に掲げ、2009年に「母子保健サービス統合パッケージ戦略計画2009〜2015」を発表しました。これに基づいて、この協力では、南部4県(チャンパサック県、サラワン県、セコン県、アタプー県)を対象とし、県・郡保健局の事業運営管理能力の強化、提供される母子保健サービスの質の向上、住民啓発活動の強化を支援しました。これにより、対象4県においてより多くの住民が母子保健サービスを受けられようになることを促進し、妊産婦、新生児、小児の死亡率の改善に寄与しました。

協力地域地図

母子保健統合サービス強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。