ジャカルタ大都市圏空港整備計画調査プロジェクト

Project for the Master Plan Study on Multiple-Airport Development for Greater Jakarta Metropolitan Area in the Republic of indonesia

終了案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2010年10月〜2012年9月

プロジェクト紹介

ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港は、インドネシアの主要な国際ゲートウェイであり、国内航空網のハブ空港ともなっています。年間旅客取扱数は、3,714万人(2009年)であり、3,220万人の成田空港を超えています。特に国内線輸送量は激増し、ピーク時には15分から30分の遅延が発生していました。乗客数は、今後10年の間に、年間6,000万人に増加すると予想されており、この協力では、既存空港の拡張と効率的運用を含めたジャカルタ首都圏周辺の適切な空港整備に関する長期的な計画の策定を支援しました。

協力地域地図

ジャカルタ大都市圏空港整備計画調査プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • スカルノハッタ空港の状況(ターミナルビル内の混雑状況) 

  • 空港利用者へのアンケート調査実施状況 

  • 滑走路運用状況の調査状況 

  • 滑走路運用方法に関するシミュレーションのプレゼン状況 

  • 本邦におけるカウンターパート研修状況 

  • 新空港予定地における気象観測状況(風向・風速他) 

  • 気象観測方法の技術指導状況 

  • 運輸大臣へのプレゼン状況 

  • 関連機関との協議状況 

  • ステークホルダーミーティング状況 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。