短期気候変動励起源地域における海陸観測網最適化と高精度降雨予測プロジェクト

(Climate Variability Study and Societal Application through Indonesia-Japan "Maritime Continent COE"- Radar-Buoy Network Optimization for Rainfall Prediction)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年4月〜2014年3月
事業
技術協力
課題
環境管理、水資源・防災

プロジェクトの紹介

インドネシアの赤道周辺の地域は温暖化の影響で、降雨パターンが変化し、気候変動リスクの高まりが指摘されていますが、最適な気象観測網の整備は遅れていました。また、周辺海域は、エルニーニョ現象などを引き起こす地域であり、地球規模の気候変動解析のために重要な観測地域ですが、その観測のための設備や人材の整備は進んでいませんでした。この協力では、気候変動研究に関する観測ネットワークの構築や、科学者チームの育成を支援しました。これにより、気象予測精度の向上や、災害緩和対策立案のための基礎研究開発の推進に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報