フィリピン地震火山監視能力強化と防災情報の利活用推進

(Enhancement of Earthquake and Volcano Monitoring and Effective Utilization of Disaster Mitigation Information in the Philippines)

【写真】プロジェクトの様子

国名
フィリピン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年2月〜2015年2月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

フィリピンは西太平洋のプレート沈み込み帯に位置し、日本と同様に世界で最も地震・火山の活動が活発な国の一つです。日本はこれまで、地震・火山監視ネットワークの設置とその運用指導などの支援を行ってきましたが、この協力では、これまでの観測体制の強化と最新の観測技術の導入を支援しました。これにより、フィリピン火山地震研究所の地震火山監視能力が向上し、より精度の高い地震火山情報が、防災関係機関に活用されることに貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報