非食糧系バイオマスの輸送用燃料化基盤技術

(Innovation on Production and Automotive Utilization of Biofuels from Non-Food Biomass)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年5月〜2016年3月
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー、農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

タイでは、代替エネルギーの原料として、パームなど食糧系バイオマスが主流となっています。しかし、食糧確保の観点から、非食糧系バイオ燃料開発のメカニズムの解明と試験標準化のニーズが高まっています。そして、その有望な選択肢としてジャトロファ油ならびに余剰農業廃産物があげられます。この協力では、ジャトロファオイルからのバイオディーゼル燃料製造におけるコスト低減や安全性確保、燃料品質確保に向けた技術の構築に取り組むとともに、未利用のジャトロファ残渣のバイオオイル生成技術と燃料化技術の確立に取り組みました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報