ジェンダー主流化プロジェクトフェーズ2

(Project on Gender Mainstreaming Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年9月〜2015年9月
事業
技術協力
課題
ジェンダーと開発

プロジェクトの紹介

カンボジアは、内戦の影響により40歳以上の男性人口が顕著に少なく、復興の多くの場面で女性が重要な役割を担っている一方、女性の社会的、経済的地位は依然として低い状態が続いていました。こうしたジェンダーの不平等を改善するため、この協力(フェーズ2)では、フェーズ1に引き続き、女性省および連携省庁を支援し、フェーズ1で開発したPGMメソッド(ジェンダー主流化の効果的メカニズム導入手法)を政府内に定着させる支援を実施しました。これにより、女性世帯主の収入向上など、女性の経済的エンパワーメントを促進するための体制整備に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報