住民移転のための環境社会配慮能力強化プロジェクト

Project on Capacity Enhancement of Environmental and Social Considerations for Resettlement

終了案件

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2010年4月〜2012年3月

プロジェクト紹介

カンボジアでは一層の経済成長を促すために運輸交通インフラの更なる整備が必要とされますが、その実施には環境社会配慮の確保が不可欠でした。中央省庁が実施する公共事業に伴う住民移転は、経済財務省住民移転局が対応しています。住民移転局の所掌が市や州の開発事業まで拡大することが想定されており、住民移転局職員の能力向上と実施体制の強化が喫緊の課題となっていました。この協力では、住民移転局の住民移転に関する能力強化および系統的な実施細則などの整備を支援しました。これにより、運輸交通インフラ整備に伴う環境社会配慮の実施体制の強化に寄与しました。

協力地域地図

住民移転のための環境社会配慮能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 住民移転地に住む子供たち 

  • 住民移転地抽選会の実施状況 

  • 住民説明会の改善支援(視聴覚機材導入による理解度促進) 

  • 詳細資産調査の実施OJT 

  • 詳細資産調査の実施状況 

  • 関連法制度セミナーの開催 

  • 第三国研修の実施(ベトナム訪問):移転代替地の視察 

  • 本邦研修の実施:日本の高速道路の現場視察 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。