流域灌漑管理及び開発能力改善プロジェクト(TSC3)

Improvement Agricultural River Basin Management & Development Project

終了案件

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、自然環境保全
協力期間
2009年9月〜2014年8月

プロジェクト紹介

カンボジアでは、農業はGDPの約30パーセントを占め、就業人口の65パーセント以上を吸収して経済成長を牽引する重要な産業です。しかしながら、長期にわたる内戦によって灌漑技術者が減少し、多くの灌漑施設の維持管理ができなくなり、稲作が基幹である同国の農業発展の障害となっています。この協力では、灌漑事業の適切な計画、実施、管理を達成するため、流域単位での計画策定を含め、灌漑システム全体に関する総合的な技術能力を持った技術者の育成を支援しました。これにより、効率的な水資源管理および農業生産の安定に貢献しました。

協力地域地図

流域灌漑管理及び開発能力改善プロジェクト(TSC3)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • スレアマオム地区の農村風景。(写真提供:高橋智史) 

  • スレアマオム地区の灌漑設備。3,500ヘクタールの灌漑面積がある。(写真提供:高橋智史) 

  • 大きく実ったお米。もう少しで収穫の時期が始まる。(写真提供:高橋智史) 

  • 脱穀前の乾燥作業。乾燥後、米は脱穀され、その籾殻を肥料にする。(写真提供:高橋智史) 

  • JICA短期専門家の大山さんのアドバイスに聞き入るカンボジアの専門家たち。(写真提供:高橋智史) 

  • 良いアイディアを考えだそうと頑張るカンボジア人の専門家たち。(写真提供:高橋智史) 

  • 灌漑用水路の長さを考えるカンボジア人の専門家。(写真提供:高橋智史) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。