中国西部地区林業人材育成プロジェクト

Project on Forestry Human Resource Development in Western Region of China

終了案件

国名
中華人民共和国
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2010年3月〜2014年2月

プロジェクト紹介

中国の西部地区は、長江、黄河、瀾滄江(メコン川)など主な河川の発祥地で重要な水源区であり、環境保全が極めて重要です。しかし、人材が不足しており、環境保全が立ち遅れていました。日本は、「日中林業生態研修センター計画プロジェクト」(2004〜2009年)を通じて県レベルの林業職員を対象としたモデルの開発・実施を行いました。この協力では、集団所有の集体林と国有林場を適切に管理するため、パイロット省(自治区)における試行を通じ、西部地区に適用可能な、郷鎮、村レベルの人材育成を実施しました。これにより、同地域における県レベル以下の林業関係者を対象とした研修方式の整備に寄与しました。

協力地域地図

中国西部地区林業人材育成プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 四川省林業庁へのインタビュー 

  • 四川省国有林場改革セミナーを視察 

  • 評価結果を日中の幹部職員へ説明(日本側) 

関連情報