都市型保健システム強化プロジェクト

Urban Health System Strengthening Project

終了案件

国名
アフガニスタン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2009年12月〜2013年1月

プロジェクト紹介

2002年以降、日本はアフガニスタンにおいて保健医療分野での協力を進めてきました。その過程で、同国の都市部では、貧富の格差などの問題や事業予算不足などにより、人材育成研修だけでは問題が解決されないことが確認されました。この協力では、カブール市の貧困層に焦点を当て、都市部での活動に適した保健医療サービス提供の計画立案を進めるとともに、世界銀行と協調し、カブール市行政が同計画を実践するための能力強化を行いました。これにより、都市型保健サービスが効果的・効率的にカブール都市部において提供されることに寄与しました。

協力地域地図

都市型保健システム強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 水周りの状況:調査時に訪問した、カブール市内のある医療施設の水回りの状況 

  • 現地調査 ゴミ収集場所:調査時に訪問した医療施設のそばにあったゴミ収集場の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。